あなたの文庫
戻る創刊の言葉|あなたの文庫|既刊案内続刊案内

「梁塵文庫」は私たちスタッフとあなたとで作る文庫です。自分の想い出やつぶやきを文庫に加えたいと思いましたら、弊社までご連絡下さい。ご相談の上、「梁塵文庫」の1冊として出版致します。昭和・平成の日本人の記録という大枠だけで内容は問いませんが、真偽の定かでないもの、他人を誹謗中傷するようなものなど、場合によってはお断りすることもありますので、あらかじめお含み置き下さい。


文庫の内容
内容は特に問いません。いわゆる自分史、仕事の記録、結婚・出産・金婚式・還暦などの記念、子どもたちの成長の記録、スポーツ・芸術・料理・旅行・コレクションなど趣味の記録、句集や詩集などの作品集、恋人や郷里の両親との書簡集、遺稿集などなど、家族や親戚に残したい、友人・知人・第三者に読んでもらいたいと願うものなら、どんなものでも結構です。

執筆
文は人なりといいます。ご本人にお書き願うのが一番ですが、文章が苦手、自信がないという方には、お手伝いさせていただきます。お書きいただいたものを手直しする、メモや記憶を頼りにお話しいただいて弊社スタッフが聞き書きする、あるいはゴーストライターとして文章をまとめるなどの方法があります。本は内容が第一。読みやすさに関しては私たちがお手伝いします。

本の体裁
「梁塵文庫」の1冊として出版させていただきますので、文庫本になります。サイズ・表紙の装丁などは文庫としての統一を保つため、弊社にお任せ願います。体裁はこのホームページの「既刊案内」、「続刊案内」をご覧下さい。四六判など普通書籍の出版も致しておりますので、文庫にしたくないという方は、別途ご相談下さい。

制作費
ご本人が原稿をお書きになる場合、100ページ、100部出版で50〜70万円をメドとお考え下さい。部数・ページ数増や写真・イラストを掲載する場合は多少割り増しになります。詳細はご相談させていただきますが、一般の自費出版の場合、ワープロ打ちの完全原稿を前提とした値段設定になっていますが、「梁塵文庫」はより多くの方々に参加していただくため、手書き原稿でかまいませんし、原稿手直し代も含んでの料金設定にしております。また、装丁も質が高いものです。

販売
自費出版の場合も、ISBN出版社記号(国際標準図書番号)と書籍JANコード(バーコード)を付け、販売可能です。
ページの先頭へ
お問い合わせ
アドレス