トピックス_news&information
2004年07月
■HP「言葉の工房annex」開設
 梁塵社スタッフの随筆、小説、詩などを連載する新しいホームページ「言葉の工房annex『コジンクン』」( http://www.shudai.com/ )を開設しました。「温語知新」「嘘八百」「よこっとび20世紀」「亭主のつぶやき」「二夜王物語」「酔眼朦朧体詞集」と、ゲストの「大安吉日ノーテンキ」。お楽しみ下さい。
2004年02月
■梁塵文庫『日本のふるさと 星雪館物語』で紹介した秋田県・西木村の冬の風物詩・紙風船揚げが、今年も2月10日に行われました。
よくわかる明るい風船飛びたつ風船
 梁塵社社長の音頭取りで東京から紙風船ツアー一行が参加、「梁塵社の本 日本のふるさと星雪館物語」と大書した紙風船が、漆黒の夜空に静かに舞い上がりました。
(クリックで写真を拡大)→
2004年02月
■文庫版社史制作を始めました。
 ⇒ 詳しくは「プチ社史」へ
2003年11月
■「自伝の書き方」発売
 梁塵文庫編集長、石田修大著「自伝の書き方」(白水社・1900円+税)が11月下旬発売となります。ゲーテ、トルストイから松下幸之助、陳舜臣まで東西の自伝約百冊を引用して、自分史の書き方をまとめています。読むだけでもどうぞ。⇒
2003年09月
■『星雪館物語』発売
 梁塵社社長石田惠子(ペンネーム石田磬 いしだ・けい)の『日本のふるさと 星雪館物語』が9月下旬、発売されます。
 秋田・西木村の農家民宿をルポ、母と娘の癒しのもてなしと秋田県が推進するグリーンツーリズムを紹介した書き下ろし。
 文庫判・160頁、800円+税。
⇒ 梁塵文庫 『星雪館物語』
2003年06月
■秋田県・田沢湖町と中仙町での喜多直毅トリオのコンサートは無事終了。
演奏者、聴衆一体の楽しいひとときでした。
次回は沖縄でと夢を膨らませています。
2003年05月 HYPER TANGO+Chaka Jazzちらし
■5月25日(日)17時から、秋田県・中仙町町民会館「ドンパル」でタンゴヴァィオリンの喜多直毅率いるトリオと、ジャスシンガー・安則眞実(CHAKA)のタンゴとジャズのジョイントがあります。
梁塵社主催。
(画像クリックでちらしを拡大/116K)→
2003年05月
■梁塵文庫『生きている間に』(石田修大著)増刷されました。
六〇〇円+税。⇒ 梁塵文庫
2003年03月
■梁塵文庫は書店で買えます。
 梁塵文庫は一月から、地方・小出版流通センター取扱で書店でも買えるようになりました。
店頭に見あたらなければ「地方・小出版流通センター扱いの梁塵文庫」とご注文ください。
弊社でも直売しております。 ⇒ 梁塵文庫
2002年11月
■「梁塵文庫」 創刊します
 第一弾は『生きている間に/世紀末コラム』(石田修大著、600円)。  続いて『テレビのおかげ』『猫っ句』(仮題)などを予定。  昭和庶民の暮らし、つぶやきを拾っていくつもりです。
⇒ 梁塵文庫
ページの先頭へ
お問い合わせ
アドレス