落とし豚って食べられる?

  • 家庭料理の講習会を開いているベターホーム協会に、「襲うなの会」について問いあわせがあった。
    痴漢防止の講習はやっていないのだがと、聞いてみれば「おそう菜の会」。
    惣菜(そうざい)の講習会だった。
  • 雑煮を「ざこに」、冬瓜を「きゅうり」、伽羅煮を「ごったに」と読む生徒がいるくらいだから、料理用語がわからない。
    落とし蓋と聞いて「落とし豚って、どんな肉?」と質問される。
    「きゅうり(胡瓜)を板ずりする」と書いても理解されないから、「きゅうりはまな板にのせ、塩をふります。手のひら全体でこすりつけるようにころがします」と長々と説明 しなければならない。
  • 業(野菜じゃないよ)を煮やして、このほど「なるほど、料理の言葉」を刊行したという。
    いずれ料理教室の時間割に、日本語の時間が設けられるかもしれない。(群星)

  • ■梁塵文庫『生きている間に』(石田修大著)増刷されました。六〇〇円+税。
    ⇒ 梁塵文庫
  • ■五月二十五日(日)17時から、秋田県・中仙町町民会館「ドンパル」でタンゴヴァィオリンの喜多直毅率いるトリオと、ジャスシンガー・安則眞実(CHAKA)のタンゴとジャズのジョイントがあります。
    梁塵社主催。
    (画像クリックでちらしを拡大)→  HYPER TANGO+Chaka Jazzちらし