ビュルビュルとトコロロ

  • 新聞を見ていたら、トルコにビュルビュルという鳥がいるという。
    山奥に棲む鳥で鳴き声が美しいとか。
  • 興味を惹いたのは
    「渡り鳥で自由を求める鳥だから、鳥籠で飼うと二、三日で死んでしまう」という点である。
    キューバではトコロロという鳥が国鳥になっており、
    国旗と同じ赤、白、黄の三色に彩られ、やはり籠に入れられ自由を失うと死んでしまうといわれる。
  • キューバ・キヌバネドリという鳥なのだが、
    ビュルビュルはどんな鳥か、ホームページを検索して驚いた。
    おなじみのヒバリの鳴き声が「ビュルビュル」だという。
  • ついでに驚いたのは、最近のエロ漫画が、
    「ドピュッ」という発射音の代わりに「ビュルビュル」という擬音を使うことだ。
    さてビュルビュルはどんな鳥なのだろう。 (群星)
  • ■「自伝の書き方」発売
      梁塵文庫編集長、石田修大著「自伝の書き方」(白水社・一九〇〇円+税)が11月下旬発売になります。
      ゲーテ、トルストイから松下幸之助、陳舜臣まで東西の自伝約百冊を引用して、自分史の書き方をまとめています。
      読むだけでもどうぞ。⇒